ここから本文です

IoTで農産物・食品の物流を可視化 食品ロス低減に期待

アスキー 9月1日(木)17時0分配信

プラネット・テーブルとスカイディスクが、IoTを活用した農産物や食品の物流可視化・改善サービスに関わる提携を発表した

 プラネット・テーブルとスカイディスクは9月1日、IoTを活用した農産物や食品の物流可視化・改善サービスに関わる提携を発表した。
 
 この事業では、2016年9月よりプラネット・テーブルが展開する農産流通プラットフォーム「SEND」や、BtoB商談・直接取引プラットフォーム「SEASONS!」のユーザーである生産者や食品関連事業者に対し、スカイディスクが開発する「物流可視化センサー」を試験的に提供し、物流過程における位置情報、温度・湿度、衝撃等を記録・可視化するサービスを提供するという。
 
 2017年にはこのサービスを正式公開し、他の流通・小売、食品会社等にも幅広く提供していくという。また、サービスを通じて、物流会社・配送方法ごとの状態変化や鮮度劣化をビッグデータ化し、ベストな物流選択肢の提案や、荷物トラブルの解消と補償最適化、梱包方法提案等のサービスを提案していくとのこと。このサービスによって物流過程での鮮度劣化を防止し、食品ロスを大幅に低減することで、農畜水産・食関連事業者の収益向上と持続的な社会づくりに寄与していくという。
 
 
文● 山口

最終更新:9月1日(木)17時0分

アスキー