ここから本文です

ストレイトガール引退 15、16年ヴィクトリアマイル連覇などG1・3勝

デイリースポーツ 9月1日(木)6時3分配信

 15、16年のヴィクトリアマイルを連覇するなど、G1・3勝を挙げたストレイトガール(牝7歳、栗東・藤原英)が現役を引退し、繁殖入りすることが8月31日、分かった。近日中に登録を抹消する。けい養先は未定だが、初年度は英国にて、14戦無敗でG1・10勝を挙げた“怪物”フランケルと交配する方向で調整中。引退式は、天皇賞・秋(10月30日・東京)の最終レース後に行われる。

 連覇の懸かるスプリンターズS(10月2日・中山)を目標に調整していたが、藤原英師は「これだけの馬だし、心技体が整わないとレースに出せない。もう限界だったのかもしれない」と説明。「ヴィクトリアマイルで勝利できたし、最高の引き際。フランケルとの交配は夢のあるプロジェクト。応援してくれたファンに感謝している。引退式でお披露目できれば」と語った。

 同馬は昨年末で引退する予定だったが、廣崎利洋オーナーの意向で現役を続行。今春のヴィクトリアマイルでは、1分31秒5のレースレコードで史上2頭目の連覇を達成した。7歳牝馬によるJRA・G1制覇は史上初の快挙だった。

最終更新:9月1日(木)7時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ