ここから本文です

川崎重工、自衛隊向け観測ヘリコプターOH-6D最終号機を納入

レスポンス 9月1日(木)13時15分配信

川崎重工業は、陸上自衛隊向け観測ヘリコプター「OH-6D」機体定期修理の最終号機を、30日に陸上自衛隊第6飛行隊に納入したと発表した。

同機の機体定期修理は通算1055機目。

「OH-6D」は、陸上自衛隊の観測ヘリコプター「OH-6J」の後継機として導入された機体。5枚のメイン・ローター・ブレードを持ち、軽量小型で、操縦性、安定性、整備性に優れ、観測や操縦士訓練、人員輸送など幅広い任務で活用されている。

同社は、1967年に米国のヒューズ・ヘリコプターズ(現・MDヘリコプターズ)とのライセンス契約を締結後、「OH-6J」製造に着手し、「OH-6D」としては1979年度から1997年度までに193機を陸上自衛隊に納入するとともに、定期修理を1983年度から実施してきた。

同社では、「OH-6D」の機体の運用終了まで、防衛省のサポートを実施するとしている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月1日(木)13時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]