ここから本文です

ASUSがより時計らしく進化した「ZenWatch 3」を発表

アスキー 9月1日(木)19時10分配信

ASUSは8月31日、ドイツ ベルリンで9月2日開幕のIFA2016に先駆けて現地でウェアラブルデバイスの最新モデル「ZenWatch 3」をプレス向け発表会でお披露目した。
 ドイツ ベルリンで9月2日に開幕するIFA 2016の関連イベントとして、ASUSは現地は8月31日にベルリン市内のイベント会場でプレス向け発表会を開催。ここ数ヵ月間各地でASUSが発表してきた製品に加えて、ウェアラブルデバイスの最新モデル「ZenWatch 3」が発表された。
 

丸型にデザインが変更された「ZenWatch 3」
 従来の「ZenWatch」は角に丸みはあるスクエア型のデザインだったが、「ZenWatch 3」は丸型のラウンドフェイスとなっており、より時計らしい印象を受けるデザイン。ディスプレーは1.39型(400×400ドット)の有機EL。本体右側面には竜頭(リュウズ)ふうのボタンの上下に、操作用のボタンを2つ搭載。上のボタンを押すとフィットネスアプリが起動。下のボタンは戻るに割り当てられている。
 
 本体は冷間鍛造の金属素材で、バンドはイタリア製のレザー素材と高級腕時計をイメージさせる材質で高級感を演出している。サイズは幅45mmで厚さが10.75mm。前モデルは複数サイズが用意されていたが、ZenWatch 3ではこのサイズのみの展開となる。
 
 フェイスデザインにこだわり、50種類以上のフェイスパターンを用意。連携するスマホから手軽に変更できる。
 
 CPUにはクアルコムのウェアラブル向けに開発された「Snapdragon Wear 2100」を搭載。急速充電に対応しており、15分間の充電で60%の充電が可能になるとのこと。充電時の接続は専用端子を使用するが、マグネットでカンタンにセットできる専用の充電器を用意。また、別売となるがバッテリーパックもアクセサリーとしてラインアップ。外出中に電池切れになっても、バッテリーパックを持っていればすぐに充電できるようになる。
 
 機能として強化された点は、フィットネス関連。本体にインストールされている「ZenFit」のトラック機能が進化し、95%の精度で歩数を計測できるとのこと。価格は229ユーロ(約2万6500円)から。
 
「ZenWatch 3」の主なスペック
メーカー
ASUS
サイズ
直径45mm以下
高さ
9.95~10.75mm
ディスプレー
1.39型有機EL
解像度
400×400ドット
CPU
Snapdragon Wear 2100
メモリー
512MB
ストレージ
4GB
通信
Bluetooth 4.1/Wi-Fi
バッテリー
340mAh
防水
○(IP67)
PCは第7世代Core iシリーズ搭載モデルを披露
 Windows搭載のPCや2in1ノートは、「ZenBook 3」や「Transformer 3」シリーズなど、6月に行なわれたCOMPUTEX TAIPEI 2016をはじめ、ここ数ヵ月でASUSが発表してきたモデルをまとめて披露。第7世代Core iシリーズを搭載したモデルも多く、リリースのタイミングが気になる製品たちだ。
 
スマホは「ZenFone 3」シリーズのエントリーモデル
 スマートフォンは、同社の最新シリーズ「ZenFone 3」のエントリーモデル「ZenFone 3 Max」と「ZenFone 3 Laser」をタッチ&トライコーナーに展示。どちらもベトナムのイベントで発表された製品だ。
 
 どちらのモデルも背面は金属素材。さらに「ZenFone 3」と同じく背面ボタンを指紋認証センサーに置き換えている。発売時期は未定だが、価格は「ZenFone 3 Max」が219ユーロ(約2万5000円)。「ZenFone 3 Laser」が299ユーロ(約3万5000円)となっている。日本では「ZenFone 3」の発売もまだ発表されていないが、前シリーズでもLaserやMaxは発売されたので、日本でのリリースも可能性が高そうだ。
 
iPad Pro 9.7よりコンパクトなタブレット「ZenPad 3S 10」
 タブレットは7月に台湾で発表会が行なわれた「ZenPad 3S 10」を展示。「iPad Pro 9.7」と同じアスペクト比4対3の9.7型ディスプレーを搭載。ただし、ベゼル部分が5.32mmと狭いため、全体の幅もiPad Pro 9.7より狭くなっている。こちらも発売時期は未定だが、価格は379ユーロ(約4万3600円)。技適は確認できなかった。
 
 
ZenFone 3 Max
ZenFone 3 Laser
ZenPad 3S 10
CPU
MediaTek製(クアッドコア)
Snapdragon 430(クアッドコア)
MediaTek MT8176(オクタコア)
ディスプレー
5.2型(720×1280ドット)
5.5型(1080×1920ドット)
9.7型(2048×1536ドット)
カメラ
リア13メガイン5メガ
リア13メガイン8メガ
リア8メガイン5メガ
メモリー
2/3GB
2/4GB
4GB
ストレージ
16/32GB
32/64GB
32GB
バッテリー
4130mAh
3000mAh
5900mAh
SIM
Dual SIM
Dual SIM

4G対応バンド
バンド1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/41
バンド1/2/3/5/6/7/8/18/19/28/38/41

サイズ
149.5×73.7×8.55mm
149×76×7.9mm
240.5×163.7×7.15mm
重量
148g
150g
430g
 
文● 中山智 編集●南田ゴウ

最終更新:9月16日(金)12時48分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]