ここから本文です

3DSでもコース作り放題!『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』12月1日発売

インサイド 9月1日(木)23時40分配信

任天堂は「Nintendo 3DS Direct 2016.9.1」にて、ニンテンドー3DS『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』を発表しました。

【関連画像】

『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』は、Wii Uで発売された『スーパーマリオメーカー』の3DS版となるタイトルです。本作はWii U版で使えたパーツがすべて使用可能なほか、ましことヤマムラによるレッスンも追加されています。

制作したコースはインターネットで共有することは不可能ですが、ローカル通信やすれ違い通信で渡すことが可能。また、受け取ったコースをコラボとしてアレンジすることもできます。

また、オリジナルコースが100コース収録されている「スーパーマリオチャレンジ」が登場するほか、さまざまな条件を達成する「メダルチャレンジ」も用意されています。

『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』は2016年12月1日発売予定。価格は4,700円(税別)です。

最終更新:9月1日(木)23時40分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。