ここから本文です

アンジャッシュ児嶋、コウノトリに運んできてほしいものは「現金」

Movie Walker 9/1(木) 12:36配信

ワーナー・ブラザース映画が放つアドベンチャー・アニメーション『コウノトリ大作戦!』(11月3日公開)の公開アフレコイベントが、9月1日にアバコクリエイティブスタジオで開催。日本語吹替版の声優を務めるお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建と児嶋一哉が登壇した。

【写真を見る】かわいい!コウノトリが赤ちゃんを運ぶ!

渡部は本作の主人公で、宅配会社のナンバー1配達員、コウノトリ・ジュニアの声を、児嶋は告げ口屋のハト・トーディの声を担当した。渡部は公開アフレコをした感想について「緊張しました。児嶋がいるってことでさらに緊張しました」と言うと、児嶋は「なんかやらかしそうだから?無事に終わって良かったです」と笑顔を見せた。

ハリウッド映画での声優デビューということで「びっくりですね。信じられないです。世界の渡部と言ってましたが、初めて世界の仕事が来ました」と喜ぶ渡部。オファーを受けた感想について「うれしいと同時に、ちっ!児嶋と一緒かと(苦笑)。いつも俳優業を自慢されているので」と言うと、児嶋は「いいじゃん、いいじゃん。ありがたいよ」とさとす。渡部は「ありがたいです!光栄です!」とうなずいた。

また、コウノトリにどんなものを運んできてほしいか?という質問に、渡部は「児嶋に代わる相方かな」と言って笑いを取る。児嶋は「35年ローンで家を買ったので、お金が欲しいです」とコメントすると、渡部が「やめて。コウノトリに現金を運ばせるの。生々しいだろ」とツッコミを入れた。

『コウノトリ大作戦!』は、赤ちゃんを運ぶ幸運のトリとして世界中で愛されているコウノトリの寓話を基にした感動作。いろんなトラブルに巻き込まれながら奮闘する、コウノトリ・ジュニアの「赤ちゃんお届け大作戦」の冒険を描く。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9/1(木) 12:36

Movie Walker

なぜ今? 首相主導の働き方改革