ここから本文です

製造リードタイムを短縮するIoTソリューション、NECが提供

ITmedia エンタープライズ 9月1日(木)11時46分配信

 NECソリューションイノベータは8月31日、中堅・中小製造業のリードタイム短縮を支援する「NEC モノづくりIoTソリューション」を10月から提供すると発表した。

 モノづくりIoTソリューションは、RFIDタグやセンサ、ビーコンなどから収集したモノの位置情報と時刻情報から、モノの流れ(保管・移動・待ち・段取り・正味加工)を把握し、製造プロセスにおけるムダを顕在化することで、リードタイムの短縮を支援するという。また、原価やキャッシュフローなどとを組み合わせて製造現場を評価することで、ビジネス全体のリードタイム短縮にも貢献するとしている。

 NECソリューションイノベータでは、製造企業が継続的に成長するためには、生産性を高め、人・モノ・資金・時間・場所などに余剰リソースをつくり出し、新たな売上・利益を目指す必要があると説明。余剰リソースの創出には、製造現場におけるリードタイム短縮に向けた取り組みが欠かせず、その取り組みの起点となり鍵ともなるのが、モノの流れの実績情報の収集だと指摘する。

 モノづくりIoTソリューションは、人的な実績入力に頼らず、IoTで自動的にモノの流れの実績情報の収集を行う。モノの位置情報から材料・部品などの入庫から製品としての出荷まで、一連のプロセスにおけるモノの流れを事実情報として自動収集し、可視化する。現在位置、遅れ情報、ライン停止時間、滞留時間、作業待ち時間などをリアルタイムかつ正確に収集できるため、それらの事実情報を基にリードタイムの短縮を目指したよどみ(ムダ)の発見・徹底排除、現場改善の推進につなげられるという。

 価格は、トライアル版が月1万円(税別)から、カスタマイズ版が200万円から(税別)。トライアル版は、既存システムとの連携はできず、パッケージをダウンロードして使用する。カスタマイズ版は、パッケージに加え、情報収集の自動化、既存システムとのインタフェース、企業独自の分析機能などの追加を含むカスタマイズが含まれる。また別途、RFIDタグやセンサ、ビーコンなどを使用してモノや設備の情報を収集するSIサービスも用意されている。

 NECソリューションイノベータでは、今後3年間で、200セットの導入を目指すとしている。

最終更新:9月1日(木)11時46分

ITmedia エンタープライズ