ここから本文です

深宇宙から「強い信号」、地球外生命体の発見につながるか

ロイター 9月1日(木)13時23分配信

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 30日 ロイター] - ロシアの電波望遠鏡が、地球から約95光年離れた恒星から強い信号を観測していたことが明らかになり、地球外生命体の存在を示すものではないかとして、天文ファンらを沸かせている。

この信号は、ヘラクレス座の恒星「HD164595」から発せられ、ロシアの科学アカデミーが昨年、観測したという。

ロシアは当初、この事実を公表していなかったが、地球外の知的生命体を探す団体「SETI」の科学者らに最近になって伝えられた。

同団体のセス・ショースタック氏は「われわれは(この信号について)それほど真剣に受け止めている訳ではない」と述べ、信号はおそらく地球から発信された可能性や衛星によって引き起こされた可能性が高いとの見解を示した。

それでもなお、同団体はHD164595の観測を開始した。

ショースタック氏は「その信号が実際にまだそこにあるなら、われわれが観測できる可能性は高い」と指摘。

その上で「信号の存在を確認できないうちは、興味深い話という域を出ない」と語った。

最終更新:9月1日(木)13時23分

ロイター