ここから本文です

王者・井上尚弥、3度目の防衛戦へ「いい勝ち方したい」 予備検診は異常なし

デイリースポーツ 9月1日(木)13時59分配信

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(4日、スカイアリーナ座間)

 予備検診が1日、東京都内で行われ、王者・井上尚弥(23)=大橋=は挑戦者で同級1位のペッチバンボーン・ゴーキャットジム(31)=タイ=とともに異常なしと診断された。

 身長163・7センチは相手より1・3センチ低いが、リーチ171・2センチは1・2センチ上回った。診断結果に「自分より身長が高い相手は久々なので、それくらいかな。(対策は)特にない」と余裕の表情。「体重もリミット近いし、コンディションはバッチリ。地元開催で地元ファンの方が多い。その分、いい勝ち方をしたい」と3度目防衛へ力を込めた。

 ペッチバンボーンは1分間の脈拍90回。王者との対面に「緊張します」と語った。16連勝中で世界初挑戦。「王者はリーチが長く、戦うのは難しい。ただ練習はばっちりしてきた問題ない。リングに入ったら最後まで頑張る」と金星を狙う。

最終更新:9月1日(木)16時58分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]