ここから本文です

M点灯の広島 2年目・薮田は重要な役割担う地元出身中継ぎ右腕

デイリースポーツ 9月1日(木)14時0分配信

 広島が25年ぶりの優勝に向けて着々と前進している。24日に2位・巨人との直接対決を制し、優勝マジック「20」が点灯。その後も白星を重ね、30日を終えて「12」まで減らした。

 中継ぎ陣の奮闘にも注目したい。故障のため開幕1軍を逃した2年目の右腕、薮田和樹だ。1年目の昨季にプロ初勝利を挙げたものの、春季キャンプで古傷の右肩痛が再発。懸命なリハビリとトレーニングで故障からカムバックし重要な役割を担ってきた。

 元々は先発。慣れないポジションで結果を出し続けている背景には現在、勝利の方程式の一員である今村の助言があった。「腹をくくったもの勝ちだと言ってもらいました」。抑えて当然と思われるポジション。重圧をはねのけるだけの強い気持ちを、どれだけ持つことができるかが重要だと知った。

 自らの武器に、さらに自信を深める言葉にも勇気づけられた。角度がある150キロ台の直球が持ち味。「投げてから捕手のミットに収まるまで、物理的に一番早い。打者はそれだけ打ちにくいということだと言われました」。狙われているんじゃないか?そんな恐怖心を捨てて、思い切り腕を振り抜くという原点に立ち返ることができた。

 古傷の右肩は問題ない。2軍では、大胸筋の硬さを指摘され、ストレッチで柔軟性を高めてきた。「ストレッチポールを背中に入れたりして胸を開く運動をしてきました」。同時に肩甲骨周りの可動域も広くなった。「肩に痛みは出なくなりました」。痛くない投げ方を模索していた昔の自分は、今はいない。

 25年ぶりの優勝は、手の届くところにある。広島に生まれ育ち、幼少期は旧広島市民球場に通っていた少年にとって、カープのユニホームを着て優勝に貢献できることは、大きな誇りだ。「チャンスを逃したくないし、チームの勝利に貢献していきたい」。全力で直球を投げ込む。(デイリースポーツ・市尻達拡)

最終更新:9月2日(金)1時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]