ここから本文です

『Destiny』拡張パック“鉄の章”配信まであと少し! ディレクター・バレット氏のコメントが到着

ファミ通.com 9月1日(木)18時11分配信

●配信間近の拡張パック“鉄の章”の魅力とは
 バンジーが手掛けるオンラインアクションシューティングゲーム『Destiny』。その新拡張パック“鉄の章”(Rise of Iron)が、2016年9月20日に発売される。

 日本では、PS4向けに、PlayStation Storeにて配信予定。9月19日(月)までの期間限定で先行購入を受け付けており、先行購入すると、特典としてゲーム内アイテム“鉄のギャラルホルン”とゲーム内スパロー“鉄のギャラルウィング”がもらえる。

 また、ゲーム本編と、“鉄の章”を含む全拡張コンテンツを収録したPS4用ソフト『Destiny コンプリートコレクション』も発売される。パッケージ版は9月21日、ダウンロード版は9月20日に発売予定。

 本記事では、“鉄の章”ディレクターを務めるクリストファー・バレット氏(文中はバレット)のショートインタビューをお届けする。
[関連記事]
『Destiny』新たな拡張パック“鉄の章”の見どころは? ディレクターのバレット氏に聞く
『Destiny 鉄の章』新PVPモード“Supremacy”と新ストライク“The Wretched Eye”を体験


――“鉄の章”の内容の中で、現世代機(PS4、Xbox One ※日本はPS4のみ)に展開を絞ったからこそ実現できた要素はありますか?
バレット (現世代機に絞ったことは)新しいコンテンツの追加に大きく寄与しました! プレイヤーの90%は、現世代機で遊んでいます。よって“鉄の章”は移行を踏み切る、いいタイミングだったと考えています。

――アイアンバナーに新ルール“Supremacy”が登場するとのことですが、このルールではどんなプレイが楽しめますか?
バレット Supremascyは新たなCruicibleのモードで、倒されたガーディアンが“Crests”を落とします。ポイントを稼ぐために、この“Crests”を集める必要があります。このルールにより、新たな戦略が生まれます。仲間の落とした“Crests”を守ったり、終了間際に“Crests”をかき集めたりといったことも必要になってきます。

――新レイド“Wrath of the Machines”について、とくに力を入れたポイントは?
バレット 新しいレイドは、Fallenにフォーカスしたはじめてのレイドとなり、場所も初の地球となります。巨大なマシーンとの戦いとなります!

――新たに登場する、斧のレリックの見どころを教えてください。
バレット 燃え盛る巨大な両手斧となります! 非常に強力なこの武器は時間限定使用となります。この武器を使用しているときは、巨大な炎の竜巻を召喚するなど特別なスキルを使えます。“鉄の章”のさまざまな場所でこの武器を見つけることができます。


――Khvostovを装い新たに登場させた理由を教えてください。
バレット この武器は過去からファンのお気に入りでした。ガーディアン達がオールドロシアに戻るこのタイミングこそ、このユニークな武器を採用するいいタイミングだと考えました。

――新しいKhvostovを手に入れるには、どうすればよいですか?
バレット “鉄の章”で、KhvostovのパーツをCosmodromeで集めるための新たなクエストが発生します。

――“鉄の章”以降のエキスパンションや、ゲーム内イベントの予定を教えてください。
バレット 我々のLive Teamは、引き続き新たなイベントを提供できるよう頑張ります。Festival of the LostやSparrow Leagueの復活もアナウンスしましたが、さらなるアナウンスもご期待ください。

――“鉄の章”はサラディン卿をフィーチャーした内容ですが、今後、ほかのキャラクターをフィーチャーする予定はありますか?
バレット はい! ストーリーやシネマティックスを通し、人類のために人生を捧げた元祖Iron Lordたちの背景を知ることができます。

最終更新:9月1日(木)18時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。