ここから本文です

楽天モバイル、SMS付きデータSIMに「050番号」を付与 料金据え置きで音声通話にも対応

ITmedia Mobile 9月1日(木)13時43分配信

 楽天は9月1日、MVNOサービス「楽天モバイル」において「050データSIM powered by Viber」(以下「050データSIM」)を9月下旬から提供することを発表した。(記事中の価格は特記のない限り税別)

【料金据え置きでこんなサービスが】

 050データSIMは、従来の「データSIM(SMSあり)」をリニューアルし、楽天コミュニケーションズが発行する「050」から始まるIP(インターネット)電話番号を付与したもの。プランのラインアップは従来と同様で、月額基本料金も据え置く。ただし、SIMカードの電話番号と050番号にそれぞれユニバーサルサービス料金がかかる。

・ベーシックプラン(通信速度は上下200kbps):月額645円
・3.1GBプラン:月額1020円
・5GBプラン:月額1570円
・10GBプラン:月額2370円

 050番号を使った音声通話は、楽天グループが提供するコミュニケーションアプリ「Viber」の「Viber Out」機能を使って行う。

 通常のViber Outでは認証した携帯電話回線の電話番号を通知できるが、通信事業者によっては「非通知」や「通知不可能」となるため、通話相手が折り返し発信できないことがある。

 それに対し、050データSIMの050番号でViberアプリを設定すると、Viber Out発信時に楽天コミュニケーションズのサーバーを必ず経由するため、着信先を問わず050番号を通知できる。この050番号はViberアプリでの着信にも対応するため、折り返し電話も問題なく受けられる。

 ただし、050番号を利用していることから緊急通報番号(110番【警察】・118番【海上保安庁】・119番【消防】)など、一部の電話番号には発信できない。

 1分あたりの国内通話料金は、固定電話宛てが3.06円(税込)、携帯電話宛てが10.01円(税込)だが、為替レートによって変動する。

※Viber Outの通話料金について、「税込」であるとのリリースの訂正が入りましたので、本文に反映しました(9月16日16時)

 なお、Viberでは現在「Viberアプリ国内通話料0円トライアル」を実施している。050データSIMもこのトライアルの対象で、期間中の国内通話は全て無料となる。ただし、通話開始から10分経過すると自動的に終話するため、10分経過する度に再発信が必要となる。トライアルの終了時期は未定で、終了時は別途ViberのWebサイトなどで事前告知を行う。

●既存の「データSIM(SMSあり)」は新規受付を終了 移行は“再契約”で

 050データSIMの提供開始後、データSIM(SMSあり)の新規受付は終了する。既存の契約については、引き続き利用できる。

 データSIM(SMSあり)の契約者が050データSIMのサービスを利用したい場合は、システムの都合上、既存契約を解約した上で050データSIMを新規契約する必要がある。その際、改めて事務手数料3000円がかかるので注意しよう。

最終更新:9月16日(金)16時4分

ITmedia Mobile