ここから本文です

BE・LOVEで丘上あいが描く猫×ご近所ドラマ開幕、「おんなのいえ」は最終回

コミックナタリー 9月1日(木)15時58分配信

「赤ちゃんのホスト」で知られる丘上あいの新連載「ネコろび八起き」が、本日9月1日発売のBE・LOVE18号(講談社)にてスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ネコろび八起き」は地域で可愛がられている猫で繋がる、人情ストーリー。第1話では彼女に出て行かれたアラサー男子・優生が、猫との触れ合いをきっかけに自分と彼女について見つめ直す姿が描かれた。

また今号で鳥飼茜の「おんなのいえ」が完結した。2012年から連載された今作は同居する姉妹・有香とすみ香を軸に、女の選択を描いたホームドラマ。最終8巻は10月13日に刊行される。このほか「山田と少年」の三田織による読み切り「先生は、まだ夢の途中」が登場した。

最終更新:9月1日(木)15時58分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。