ここから本文です

セカオワのSaori 中学同級生の世界チャンプの4度目防衛を祝福

デイリースポーツ 9月1日(木)15時37分配信

 SEKAI NO OWARIのSaoriが1日、自身のツイッターで、31日に4度目の防衛に成功したWBA世界ライトフライ級王者の田口良一(29)=ワタナベ=を祝福した。

 東京都大田区出身の2人は同じ中学の同級生。Saoriはツイッターで“SEKAI”つながりの世界チャンピオンに「むちゃくちゃ強い!」と最大の賛辞を贈った。

 さらに「中学の同級生の田口良一くん。ライトフライ級世界王者、昨日は4度目の防衛おめでとう 同級生グループLINEが盛り上がってます 祝勝会だ」ともつづり、防衛を喜んだ。

 田口は31日、地元の大田区総合体育館で、WBAライトフライ級1位で元WBAミニマム級王者の宮崎亮(28)=井岡=に3-0で判定勝ちし、4度目の防衛に成功。序盤からプレッシャーをかけ、足を使い、左右のボディー、フック、アッパーと多彩なパンチを浴びせた。最後まで握ったペースを放さない圧勝劇だった。

最終更新:9月1日(木)15時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。