ここから本文です

国内新車販売8月+2.9%、三菱の軽27カ月ぶり増 社員ら買い支え 

ロイター 9月1日(木)15時51分配信

[東京 1日 ロイター] - 8月の国内新車販売は前年同月比2.9%増の33万6661台と4カ月ぶりに前年同月を上回った。軽自動車は同2.0%減ったが、登録車は同5.7%伸びた。

燃費データ不正が発覚した三菱自動車<7211.T>の軽自動車販売は社員などの買い支えが寄与して27カ月ぶりにプラスに転じた。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)の1日の発表をまとめた。

国内全体の軽自動車は11万3388台と20カ月連続で減少、昨年4月の軽自動車税増税の影響が響いた。燃費不正が発覚した車種の供給を三菱自から受けていた日産自動車<7201.T>は23.2%減の9787台だったが、三菱自は10.8%増の3362台だった。プラスに転じたのは2014年5月以来。三菱自は、軽販売が前年を上回った背景について「生産拠点のある自治体や取引先、社員が自主的に買い支えてくれた」と説明した。

燃費データ不正発覚を受けて、三菱自は軽自動車「eK」シリーズ、日産名では「デイズ」シリーズの計4車種の販売を4月20日から停止していたが、7月から再開。三菱自と日産自いずれも5月、6月は7割ほど落ち込んだが、7月は三菱自が約17%減、日産自は約33%減まで回復していた。三菱の取引先の話では10万円のキャッシュバックやオプション10万円分プレゼントの購入促進キャンペーンが販売再開後から9月まで実施されているという。

国内全体の登録車は22万3273台で、2カ月ぶりに増えた。トヨタ自動車(レクサス除く)<7203.T>は17.2%増。昨年に新型車を投入したハイブリッド車「プリウス」などの好調が続いた。しかし、自販連は新型プリウスといった「特定の車種だけが販売を引っ張っている」と指摘、各社の受注状況を見る限り「手放しで(喜べるほど)回復しているとはとても思えない」と話している。三菱自の登録車はプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」の不振により、49%減の1638台だった。

三菱自をめぐっては、国土交通省の再測定の結果、不正問題の発端となった軽4車種以外の8車種でも燃費がカタログ値を下回っていたことが8月30日に判明。法令違反ではないとしているが、一連の不正を受けての社内調査による燃費もまた、同省から「不正」と指摘され、三菱自は8車種の販売を同月31日から2週間ほど一時中止する。繰り返される不祥事でさらなるイメージ悪化は免れず、登録車への影響も避けられない。

*内容を追加します。

(白木真紀)

最終更新:9月1日(木)20時33分

ロイター