ここから本文です

アニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」メインキャスト発表! 五十嵐裕美、喜多村英梨らが怪異コメディーに挑戦

ねとらぼ 9月1日(木)14時38分配信

 2016年10月から放送開始のアニメ「奇異太郎の妖怪絵日記」の詳しい放送情報と、五十嵐裕美さん、喜多村英梨さんらメインキャストが発表されました。初回放送は、TOKYO MXで10月5日22時33分から、サンテレビで同日24時03分からとなっています。

【こんな座敷童子なら大歓迎】

 同作は、Webコミックサイト「マンガごっちゃ」で影山理一さんが連載中の同名漫画が原作。自称「霊感美少年」の奇異太郎が、立ち入り禁止の蔵に入った罰として自宅の離れに住み始め、そこで出会った座敷童子の「すず」と奇妙な同居生活を送るコメディー作品です。

 メインとなる2人の配役は、主役の奇異太郎に五十嵐裕美さん、座敷童のすずに新人声優の仲田ありささんが決定。また、人間の女性の姿に化けた怪異・狐面の女を喜多村英梨さん、雪女をモチーフとした親子の雪母と雪娘を、それぞれ大原さやかさん、長縄まりあさんが演じます。

 主演の五十嵐さんは「すずと楽しいやりとりができるように頑張りたいと思います」と同作への意気込みを語っており、ヒロインを務める仲田さんも「すずちゃんの、子どもっぽくもお年寄りめいているという不思議な魅力や、座敷童子という妖怪特有の怪しさなど、いろいろなすずちゃんを皆さんにお届けできるように頑張ります!」と熱いコメント。

 放送直前の9月30日には原作コミックの最新8巻が発売されるほか、9月27日には、アニメのヒットを願った「奇異太郎少年の妖怪絵日記 ヒット祈願お守り」がセットとなった限定版もリリースされます。

最終更新:9月1日(木)14時38分

ねとらぼ