ここから本文です

“横領容疑”ロッテ創設者の長男、関連容疑をある程度認める=韓国検察

WoW!Korea 9月1日(木)16時29分配信

400億ウォン(約40億円)台の横領容疑で検察に被疑者として召喚された重光宏之(韓国名:シン・ドンジュ、62=重光武雄ロッテ創設者の長男)元日本ロッテホールディングス副会長が関連容疑をある程度認めた。

 ソウル中央地検ロッテ捜査チームは1日午前10時、宏之前副会長を被疑者として呼び、調査した。グループオーナー一家の中で検察に被疑者として召喚されたのはシン・ヨンジャロッテ奨学財団理事長(74)に続き2人目だ。

 検察が宏之前副会長に適用している容疑は特定経済犯罪加重処罰上の横領などだ。宏之前副会長は過去10年間、グループの系列会社に登記役員に名前のみあげて400億ウォン台の給与を得た容疑を受けている。

 宏之前副会長は検察調査で容疑事実については事実関係をある程度認めたことが伝えられている。ただし故意性は否定した。

 検察関係者はこれと関連し「(宏之前副会長は)給与が本人に支給されていることを後で知ったと話している」とし「ただし(給与を)個人的に消費したということは認めている」と伝えた。

最終更新:9月1日(木)16時29分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。