ここから本文です

サムスン電子株が下落、出荷遅延で業績への影響懸念

ロイター 9月1日(木)16時22分配信

[ソウル 1日 ロイター] - 1日のソウル株式市場で、サムスン電子<005930.KS>が2%超下落、2週間ぶりの安値を付けた。時価総額70億ドル近くが吹き飛んだ計算となる。

同社は前日遅く、ロイターに対し、新型の大画面スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の出荷が品質管理テストのため、遅れていると表明。国内の3大通信会社への出荷を中断していることを明らかにした。

地元メディアは、ギャラクシーノート7の一部ユーザーがバッテリーの破裂を報告したと伝えていた。

市場では、モバイル部門の業績への懸念が浮上している。

IDCのアナリスト、ブライアン・マー氏は「ぶち壊しだ。前評判の高かったノート7のような製品でこのようなことが起きた」と指摘。「アップルの新商品投入を控えており、早急な対応が必要だ。これ以上悪いタイミングはない」と述べた。

HDCアセット・マネジメントのファンドマネジャー、Park Jung-hoon氏は、サムスンの下半期のスマートフォンの平均販売価格と利益について、市場の高い期待に届かないだろうと予想。モバイル部門の7━9月の営業利益が最大2000億ウォン落ち込む可能性があるとの見方を示した。

サムスン電子の上半期の営業利益14兆8000億ウォンのうち、約54%はモバイル部門の利益だ。

現代証券は「数週間以内に」問題を解決する必要があると指摘。第3・四半期の営業利益予想は据え置いた。

最終更新:9月1日(木)16時22分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]