ここから本文です

新車登録台数、日産が5か月ぶりに2位浮上 8月ブランド別

レスポンス 9月1日(木)19時22分配信

日本自動車販売協会連合会が発表した2016年8月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、2万4083台(0.6%増)を販売した日産がホンダを抜き、5か月ぶりに2位となった。

[写真:トヨタ・アクアとプリウス]

3位に転落したホンダは同16.7%減の2万2393台。首位トヨタは前年同月比17.2%増の10万8016台で、5か月連続のプラスとなった。

そのほか、乗用車ブランドでは、スバル、スズキ、ダイハツがプラス。マツダ、レクサス、三菱自動車がマイナスとなった。

1位:トヨタ 10万8016台(17.2%増)
2位:日産 2万4083台(0.6%増)
3位:ホンダ 2万2393台(16.7%減)
4位:マツダ 1万2188台(14.6%減)
5位:スバル 8367台(3.6%増)
6位:スズキ 7117台(45.8%増)
7位:いすゞ 6481台(5.8%増)
8位:日野 4623台(8.9%増)
9位:レクサス 3609台(3.5%減)
10位:三菱ふそう 3316台(3.7%増)
11位:三菱自動車 1638台(49.0%減)
12位:ダイハツ 854台(501.4%増)
13位:UDトラックス 799台(9.8%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月1日(木)19時22分

レスポンス

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。