ここから本文です

ロッテのカンパイガールズ、売り上げ目標達成ならず ライブ&水着カレンダー消滅

デイリースポーツ 9月1日(木)16時52分配信

 ロッテから誕生した球界初の売り子アイドルグループ、「マリーンズ カンパイ ガールズ」がビールの売り上げ目標に向かって頑張っていたが、終幕となった。7月30日から9月4日までのQVCマリンフィールド・ホームゲーム20試合のうち10試合以上で、メンバー6人合計で1日1000杯の売り上げに挑戦していたが、届かなかった。

【写真】体を張ったPRも実らず 水着カレンダーはビールの泡と消えた…

 ロッテは1日、8月31日の売り上げを発表したが、873杯で1000杯に届かなかった。これで16試合が経過して達成が5回。20試合での10試合達成が不可能となり、企画は打ち切りとなった。

 目標が達成されれば、「マリーンズ カンパイ ガールズ」初のワンマンライブ開催と水着カレンダーが発売されることになっていた。

 リーダーの今井さやかは「残念ながら目標を達成することができませんでした。とても悔しい気持ちでいっぱいです。応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました」とファンに感謝しつつ、こんな決意を熱く語った。

 「売り子チャレンジは終わってしまいましたが、今シーズン最後まで笑顔で頑張ってビールを売っていきます!そしてマリーンズが日本一になれるようにファンの皆さまと一緒に熱く盛り上がっていきたいと思います」

最終更新:9月1日(木)17時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。