ここから本文です

慰安婦被害者の損害賠償訴訟、訴状が受理されれば法令に従って進める=韓国外交部

WoW!Korea 9月1日(木)16時57分配信

韓国外交部は1日、旧日本軍の慰安婦被害者12人が最近、政府を相手にそれぞれ1億ウォン(約900万円)の損害賠償訴訟を提出した事と関連し「訴状が受理されれば関連の法令や手続きに従って進めていく予定だ」と伝えた。

 外交部のチョ・ジュンヒョク報道官はこの日、定例ブリーフィングで「慰安婦被害者の12人が政府を相手に損害賠償訴訟を提起したことを聞いている」と述べた。

 ただしチョ報道官は「政府としては(昨年)12月28日の合意を着実に履行することにより、迅速に被害者の方々の名誉と尊厳回復、そして心の傷の治癒のために努力することが何よりも重要だと考えている」と述べた。

 また「きょう100%日本政府の予算による10億円拠出が行われた」とし「韓国政府はこれにより『和解・癒やし財団』が活動を本格化できる基盤が助成されたと思う」と強調した。

最終更新:9月1日(木)16時57分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。