ここから本文です

デスラビッツの部長解雇、連帯責任としてリキッドで「ラストライブw」

音楽ナタリー 9月1日(木)17時14分配信

デスラビッツが11月13日に東京・LIQUIDROOMでワンマンライブ「デスラビッツ ラストライブw」を開催。これをもって部長こと神崎晃が解雇されることが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この件ついて部長はオフィシャルサイトで「お詫び」と称した謝罪文を公開。これによると、喜多方の製麺所とコラボレートするなど過度に味にこだわった“ラーメン付きCD”のリリースや、ライブ入場者への「部長ブラックラーメン」の無料配布など、ラーメン作りでグループの運営予算が超過したことが社内で明るみになり、部長は懲罰処分として解雇されることになったという。

また彼は、これにより今後のデスラビッツの活動が困難な状況になったため、「他メンバー(えみ・ゆず ・かりん)に直接関係無い事ではありますが、連帯責任というケジメをつけさせて頂く」ということで、11月のワンマンライブを行うことにしたと明かしている。

チケットの一般発売は本日9月1日より開始。デスラビッツが今後どのような展開を迎えるのか、気になる人は会場に足を運んでみよう。

なお10月12日にはライブDVD「デスラビッツ ワンマンライブ ~えみ・ゆず・かりん VS 部長~ 第3回戦 新宿ReNY 2DAYS」が発売されることも決定。6月に東京・新宿ReNYで開催された2DAYSライブの模様が2枚のDVDに収められる。

デスラビッツ ラストライブw
2016年11月13日(日)東京都 LIQUIDROOM

最終更新:9月1日(木)17時14分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。