ここから本文です

萩野、金メダリストの洗礼?写真週刊誌に“張られた”

デイリースポーツ 9月1日(木)17時7分配信

 「競泳・日本学生選手権」(2日開幕、辰巳国際水泳場)

 リオデジャネイロ五輪男子400メートル金メダルの萩野公介(22)=東洋大=は1日、凱旋レースを前に会場で公式練習を行い、「出る種目で全力を尽くす」と意気込んだ。

 エースとして、主将として、東洋大生としての4年間を有終で飾る。特に気合が入るのは800メートルリレーで、「思い入れがある種目で、後輩も力がついてきてるのでしっかり勝ちたい」と力説。昨夏は右肘の骨折で欠場しただけに「4回出て優勝したかったけど…」と雪辱にも燃える。

 指導する東洋大の平井伯昌監督は「五輪が終わって今はのびのびできてる」と心の余裕を強調。また、帰国後に萩野がチームメートと大学近くの飲食店で食事した際、写真週刊誌に待ち伏せ取材されたらしく、「『先生、話があります。フラッシュが来ました…』と報告してきましたよ」と“金メダリストの洗礼”を暴露していた。

最終更新:9月1日(木)17時54分

デイリースポーツ