ここから本文です

秋田に「ラーメン123」 にかほの人気店、名物メニュー担々麺など /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 9月1日(木)22時23分配信

 秋田市の官庁街に9月1日、にかほ市象潟の人気店「ファミリーレストラン123(ひふみ)」の姉妹店「ラーメン123」(秋田市山王2)がオープンした。(秋田経済新聞)

「ラーメン123」の坦々麺

 担々麺が人気メニューのにかほ市内の店舗に秋田市から通うファンもいることなどから出店した同店。にかほ店を営む村上一美さんの長男の村上拓哉さんが店長を務める。

 カウンター10席とテーブル12席を設ける新店はラーメン専門店。看板メニューは「担々麺」(760円)。「伊藤製麺所」(にかほ市)の麺と、薬膳の食材などを含む10種類以上の香辛料を使うラー油にこだわる。白湯スープベースの「ニュー担々麺」(760円)も用意する。

 「父から新店を任されることが決まった時、お客さまによろこんでいただくことだけを考え、ブレずにやれと励まされた」と拓哉さん。「にかほ店同様、明るく家族的な雰囲気の店づくりを心掛けたい。当店の担々麺を通じて、秋田の皆さんに象潟のことも知ってもらえれば」と意気込む。

 営業時間は、11時~14時、17時~21時。水曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月1日(木)22時23分

みんなの経済新聞ネットワーク