ここから本文です

迷走ぶりが早わかり ウェザーニューズが台風10号の不思議な軌跡を動画に

ねとらぼ 9月1日(木)17時32分配信

 8月下旬に発生し、日本列島周辺を迷走するかのように駆け抜けていった、台風10号「ライオンロック」。この不思議な軌跡を、気象情報サイトのウェザーニューズが、48秒の動画に分かりやすくまとめました。あわせて公式サイトで過去の記事をまとめ、進路について解説を加えています。

【最終的な台風10号のルート】

 台風10号は8月19日21時、八丈島東の海上で発生。例年の台風ならば南風の流れに沿って北上するところでしたが、逆行するかのように、日本の南海上をゆっくり西進し、南西諸島付近まで到達しました。同社の8月29日付の記事では、東西の優勢な高気圧に阻まれたからと説明されています。本来、台風は熱帯から寒帯へ熱を運ぶよう動くため、日本付近で南方へ進むのは異例とのことです。

 沖縄の東で迷走を続けるなか、24日には「台風の目」が出現。発達のサインを示しました。すると25日、なぜか台風は進路を東北へ切り返します。8月27日付の記事では、「モンスーントラフ」と呼ばれる大きな低気圧性循環と、南方の高気圧が要因とされています。

 当初台風は北東に進むと予測されていましたが、その後本州方向へカーブするものへと変更。30日には岩手県の大船渡市付近に上陸し、21時ごろに日本海へ去っていきました。同社は西日本上空にあった「寒冷渦」の影響と分析しています。

 「台風が最初に岩手県に上陸した」初めての例であり、日本付近で生まれたものとしては最高齢と、観測史上記録的な事例となった台風10号。一難は去りましたが、ウェザーニューズは9月の台風シーズン到来を示唆し、備えをするよう呼びかけています。

(沓澤真二)

最終更新:9月1日(木)17時32分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]