ここから本文です

「ロディ」のデザインコンペ・展示会、シンガポールと日本で同時開催

みんなの経済新聞ネットワーク 9月1日(木)17時22分配信

 LA DITTA Singaporeは9月1日、子ども向け玩具「Rody(ロディ)」をテーマとしたデザインコンペティションと展示会をシンガポールと日本で行うと発表した。シンガポール人デザイナーと日本人デザイナーを審査員に起用し、両国をイメージしたデザインを募集する。(シンガポール経済新聞)

 同社は今年2月、Jammy Global Limited(香港)が展開する同キャラクターのシンガポールでのオフィシャルライセンシー契約を締結しており、シンガポールでの普及活動の第1弾となる。日本とシンガポールの外交関係樹立50周年記念事業の一環で行う同プロジェクトでは、両国それぞれをイメージしたデザインを募集。園児から大人まで幅広い層を対象に作品を募集する。

 シンガポールデザインセンター(111 Middle Road)とGOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区)で行う展示会では、250体のロディを展示すると同時に優秀作品を発表する。最優秀賞には日本とシンガポール往復チケットを授与し、各カテゴリ優秀賞には日本人デザイナーがデザインした日星ペアのミニフィギュアを副賞として贈る。

 デザインコンペティションの募集は9月30日まで。詳しくはホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)16時45分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。