ここから本文です

アニメ「舟を編む」坂本真綾演じる林香具矢の声聴けるPV第2弾、EDも決定

コミックナタリー 9月1日(木)18時0分配信

雲田はるこがキャラクター原案を務めるテレビアニメ「舟を編む」のプロモーションビデオ第2弾が、本日9月1日24時55分より放送のノイタミナ枠にて放映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

PV第2弾では主人公の馬締光也と、林香具矢の新たなアニメーションを公開。坂本真綾演じる林香具矢の声は、今回のPVにて初公開となる。さらに馬締や西岡の新たなカットもお目見え。なお同時刻より公式サイトでは、PV第2弾のロングバージョンが配信されるので、気になる人はあわせてチェックしておこう。

また同作のエンディングテーマは、アーティストのLeolaによる「I&I」に決定。「伝わらない言葉。伝えられない想い。」をテーマとした「舟を編む」にふさわしいラブバラードだ。PV第2弾ではこの楽曲も聴くことができる。

三浦しをんによる原作「舟を編む」は、玄武書房に勤める馬締光也が個性豊かな面々と新しい辞書「大渡海」を編み上げる姿を描いた長編小説。2013年には実写映画化を果たした。10月7日発売のITAN34号(講談社)では、小説の連載時から挿絵や装画を手がけてきた雲田によるコミカライズ連載が短期集中で始動する。アニメは10月よりフジテレビ系のノイタミナ枠にて放送スタート。

Leolaコメント
皆さん初めまして、Leolaです!この度、アニメ「舟を編む」のエンディング・テーマを担当させていただくことになりました!
4月にデビューしたばかりの私が、エンディングを担当させていただけるなんて...!本当に光栄です。
今回起用していただいた「I&I」、歌詞をかかせて頂きました! この曲のポイントでもある、「I&I」という言葉。ジャマイカの言葉で「We」を表す表現なのですが、この曲では、私を表す「I」とあなたを表す「I」それぞれが自立した個であることで、初めて「we」=「私たち」になるという意味を込めています。
“包み込むような愛”を描いたこの曲は、ヒロインの香具矢さんが馬締さんへ向ける“母性溢れる愛”を想像させる曲に仕上がっています!二人の愛を見守っていくアニメと合わせて、恋人、家族、など大切な人への愛を重ねて聴いていただけたら嬉しいです!私自身、原作の大ファンなので、今から放送が楽しみです!

アニメ「舟を編む」
放送日時:2016年10月
放送局:フジテレビ系ノイタミナ枠

キャスト
馬締光也:櫻井孝宏
西岡正志:神谷浩史
林香具矢:坂本真綾
ほか

スタッフ
原作:三浦しをん
キャラクターデザイン原案:雲田はるこ
監督:黒柳トシマサ
シリーズ構成:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:青山浩行
アニメーション制作:ZEXCS
制作:玄武書房辞書編集部

(c)玄武書房辞書編集部

最終更新:9月1日(木)18時0分

コミックナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。