ここから本文です

イチロー「審判を巻き込むピッチャー」1年ぶり最年長対決で43歳右腕から快音

デイリースポーツ 9月1日(木)18時32分配信

 「メッツ5-2マーリンズ」(31日、ニューヨーク)

 マーリンズのイチロー外野手(42)がメッツ戦に「6番・右翼」で出場し、4打数1安打1得点。打率を・294とし、メジャー通算安打数を3012本に伸ばした。四回の守備から中堅に入り、五回には大飛球をフェンス際でジャンプして阻止する美技を披露した。チームは今季初の5連敗を喫した。

 昨年9月16日以来となったメジャー最年長、43歳のコローンとの顔合わせ。今季初の最年長対決で先手を打ったのは同野手最年長のイチローだ。

 二回の第1打席。カウント2-2と追い込まれながら7球目、140キロのツーシームをライナーで右前へ運んだ。通算3012本目の安打で出塁すると、投手の一塁けん制悪送球で二進。さらに後続の内野安打と敵失で一気にホームを駆け抜け、先制点をもたらした。

 しかし、四回と六回の打席はいずれもバットの芯を外されての内野フライ。フォーシーム、ツーシーム、スライダー、チェンジアップを巧みに操り、7回2失点(自責点1)と好投した43歳右腕を「審判を巻き込むピッチャーですからね、それがやっかいですね」と独特の表現で評した。

最終更新:9月1日(木)18時44分

デイリースポーツ