ここから本文です

『レッドタートル』の監督が高畑勲ら日本人スタッフに感謝

Movie Walker 9/1(木) 20:02配信

構想10年、制作8年のスタジオジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』(9月17日公開)の完成披露試写会が、9月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。本作を手がけたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督とアーティスティックプロデューサーの高畑勲、鈴木敏夫プロデューサーが登壇した。

【写真を見る】シンプルで美しい海中を描いたポスタービジュアル

監督は「非常に驚いてます」と感激し、「日本のみなさんに映画を観ていただけることと、日本のアニメ映画界の2人の巨人に挟まれて立っていることについてです」と興奮気味に語った。

高畑はアーティスティックプロデューサーという役割について「初めての経験でした。できあがる途中の段階で意見を介したりするのは、ある意味面白いけど、不安でした」と告白。「何しろ自分ではなくこの人が作るから、監督の意見を尊重すべきだと思って。でもできあがりを観て、大変うれしかったし安心しました。優れた作品ができたのではないかと」。

監督は「この映画に誇りをもっています」と手応えを口にした。「本作をヨーロッパのいろんな国々のスタッフと作りましたが、作っている間中ずっと高畑さんや鈴木さん、日本のみなさんのことを考えなかった日はないです。みなさんの存在が大きなインスピレーションの源になりました。出発点にあったスタジオジブリの存在を振り返ってここに立っていることに特別な思いがあります」。

『レッドタートル ある島の物語』は、『岸辺のふたり』(00)で第73回アカデミー賞短編アニメ映画賞に輝いたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督が、8年の年月を費やして完成させた長編初監督作だ。不思議な島にたどり着いた男が体験する出来事を、全編台詞なしで、美しい映像と音楽と共に描かれる。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9/1(木) 20:02

Movie Walker

なぜ今? 首相主導の働き方改革