ここから本文です

銀行の合併、コスト削減に寄与 万能薬ではない=独監督当局首脳

ロイター 9月1日(木)19時41分配信

[フランクフルト 1日 ロイター] - ドイツ連邦金融サービス監督庁(BaFin)のフーフェルト長官は1日、銀行の合併はコスト削減に寄与すると指摘した。ただ中央銀行のマイナス金利政策の下で、銀行業界が直面する問題を解決する万能薬ではないと述べた。

長官は銀行関係者の会合で「業界再編自体がゴールではない」と語った。

統合によるシナジーを生み出すのは困難な作業であり、また弱い銀行同士が合併しても通常は強い銀行にはならないと指摘した。

最終更新:9月1日(木)19時41分

ロイター