ここから本文です

【イベントレポ】「MR.MR」、2ndシングル リリースイベントで「トレンディエンジェル」と共演! 

WoW!Korea 9月1日(木)20時44分配信

2ndシングル「ROCK this WORLD」をリリースする「MR.MR」が、8月28日(日) 東京・タワーレコード渋谷店にて、通常盤予約会イベントを行った。

【画像】「MR.MR」、2ndシングル「ROCK this WORLD」通常盤予約会イベント

 メンバー全員が180cm以上の身長とモデル並みのビジュアルを持ち、全員がボーカル担当という高い歌唱力とダンスが魅力の「MR.MR」。2012年10月に韓国デビューを果たし、今年2月に発表された日本メジャーシングル「Just 1 Light」ではオリコンデイリーランキングで1位、ウィークリーランキングで5位を獲得するなど、日本での活躍にも期待が高まる中、8月30日(火)には待望の2ndシングル「ROCK this WORLD」をリリース。
通常盤予約会イベントということで、ニューシングルを心待ちにする多くのファンが、会場に集まった。

 「ROCK this WORLD」の衣装を身にまとったメンバーたちが登場すると、会場は大きな歓声で包まれ、1曲目の「Tiger and Lion」が始まる。ファンたちは手拍子でリズムをとり、にのったり、サビの振り付けを一緒に踊ったりと、1曲目から盛り上がりを見せた。

 自己紹介ではサンヒョンから「は〜い! みなさん、こんにちは! 僕は『MR.MR』のピュアな男、サンヒョンです! よろしくお願いします」と、続いて「『MR.MR』のリーダー、チャンジェです、よろしくお願いします」、「メインボーカル、テイです。よろしくお願いします! 」、「『MR.MR』のドヨンです。よろしくお願いします! 」とあいさつする中、ジェミンは「僕は『MR.MR』の末っ子、誰ですかー? 」と問うと、ファンは大きな声で「ジェミン! 」と叫び、「ジェミンです、よろしくお願いします」と笑顔を見せた。

 ドヨンは「今日はトレンディな方達が、駆けつけると聞きました」と話し、会場の期待感を高めるとサンヒョンは「前回の『Just 1 Light」』がとても良い結果がいただけたので、2ndシングル『ROCK this WORLD』も負けないように、みなさんと僕たちが、一緒に行きましょう〜! 」と意気込みを語った。
テイはファンに「一緒に拍手お願いします! 」と呼びかけ、「Just 1 Light」「And yet」を続けて披露した。

 熱いステージを届けた後、日本各地でリリースイベントを行ってきたが、思い出はあるかという問いに、テイは「浴衣を着てみんなと一緒に写メ会とかしましたね。その時公演も浴衣でしたのですが、楽しかったです! 」と、ドヨンは「その時、浴衣を着て踊ったりしたけど、浴衣が脱げちゃって、下着とかがずっと見えてて、恥ずかしくて…(笑)」と、下着が見えないように踊っていたと振り返り、会場を笑わせた。ジェミンは前日もリリイベを行ったが、雨が降ってしまったことについて、「僕たちのメンバーの中で、雨のスペシャリストがいますよね? 」と視線をテイに向け、「テイさん! 雨の曲、1回歌ってください」とリクエスト。テイは徳永英明の「レイニーブルー」を甘い歌声で披露し、ファンをうっとりとさせた。

 サンヒョンは「服が本当に重いし暑いし(笑)。みなさんは今半袖半ズボンですけど、僕たちは2つ、3つ…」と着ている服の枚数を数え、「2016年は、暑かったです! 」とユーモアたっぷりに振り返った。
続いてバラード曲「約束するよ」を見事なハーモニーで歌い上げ、そのまま次の曲「Out」を披露。サンヒョンが「次の曲は、2ndシングルのカップリング曲です」。ドヨンは「切ないけど、前向きになれるような気持ちが込められた曲です」と曲紹介。「夢の途中」をメンバーの心を込めた歌声で、ファンたちに届けた。

 ファンたちに「みなさん、『ROCK this WORLD』結構聴きましたよね? どうでしたか? 」と問うと、ファンは大きな声で「かっこいい〜! 」と声をそろえた。チャンジェは「僕たちが今までやったことのないコンセプト、激しいダンス、着たことない衣装! (初めてのコンセプトで)ちょっと不安でしたが、みなさんが喜んでくれて、本当にうれしいと思います! ありがとうございます! 」と感謝を述べ、最後の曲「ROCK this WORLD」を力強いパフォーマンスとともに披露した。

 急に暗転した会場に「行くぜ! 」の声が響き、イベントMCのお笑い芸人「トレンディエンジェル」が登場。メンバーから「かっこいいですね! 」、「ハンサムです! 」と褒められると、「トレンディエンジェル斉藤」が「本日限定で『MR.MR』に加入した、斉藤.斉藤です! 」と7人目のメンバーとして自己紹介をし、ファンやメンバーを笑わせた。キャッチコピーは“甘辛系男子”という「MR.MR」。ここで、メンバーの“甘辛な魅力”を披露することに。

 テイは「顔は甘いけど…」と服を脱ぎ、鍛え抜かれた身体を披露し、ファンを熱狂させた。ジェミンは「顔は甘いですが、ダンスはスパイシーです」と、チャンジェのボイパに合わせ、パワフルなダンスを踊り、その魅力をアピールした。ドヨンは「女性には甘いけど、自分には厳しいです」とし、この場で斉藤をおんぶすることに。おんぶし、さらにスクワットをしてみせると、おんぶされながらドヨンに顔を近づける斉藤に、ファンからは悲鳴のような歓声が上がった。ドヨンは軽々とスクワットをこなし、たくましさを見せた。

 サンヒョンは「僕は笑顔が甘いですけど、腹筋が…」と、服をめくり、甘い笑顔とともに割れた腹筋を披露した。そしてチャンジェは「甘いは…、チョコレートが好きですけど、辛いのは、キムチが好きです! 食事で甘辛系です! 」と話し、また、「『トレンディエンジェルさん』も甘辛系だと思います! 頭はスパイシーですけど、体は甘めです(笑)」と、会場を笑わせた。

 歌とダンスが得意とする斉藤に「僕たちと一緒に踊ってみましょう! 」とメンバーからの提案に新曲「ROCK this WORLD」を一緒に踊ってみることに。テイからダンスを一通り教わると、若干の不安を残しつつも「OK、大丈夫です! 」とミュージックスタート。音楽が始まると、美声で歌いながらノリノリでダンスを踊り、見事なダンスコラボを披露すると、会場は大いに盛り上がった。踊り終えた斉藤は「みんなも頑張れば俺みたいになれるから」とキメるも、サンヒョンが「まだハゲたくないです! 」とツッコミ、会場を笑わせた。

 イベント後には、私服に着替えたメンバーとの写メ会が行われ、ファンとの距離をさらに縮めた。「ROCK this WORLD」リリース後の活動にも、ますます期待の高まるイベントとなった。

 同日行われた報道陣の囲み取材では、「トレンディエンジェル」が「BIGBANG」と共演しているところを見たことがあり、知っていたと「今大人気の『トレンディエンジェル』さんが来てくれて本当にうれしいです」と喜ぶメンバーたち。斉藤は「パフォーマンスがパワフルでしたし、歌が上手い! 」と「MR.MR」を絶賛。たかしも「日本語が上手! 」と感心していた。「頑張りますので、応援よろしくお願いします! 」とファンのみんなにメッセージを残し、最後は斉藤さんのギャグ「ペッペッペー! 」をみんなで行い、和やかなムードのまま終了した。

最終更新:9月1日(木)20時44分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。