ここから本文です

北原里英が始球式でノーバン投球「ギリギリ届いてうれしい」

デイリースポーツ 9月1日(木)19時15分配信

 「日本ハム-楽天」(1日、東京ドーム)

 試合前の始球式を、AKB48の姉妹グループで、新潟を拠点に活動するNGT48のキャプテンを務める北原里英が行った。大きく振りかぶり、ゆったりとしたフォームから投じられた投球は、ノーバウンドで捕手・大野のミットに収まった。

【写真】ナマ脚スラリ セクシーちょい足しの華麗な投球フォームを披露

 マウンド上で喜びを爆発させた北原は「本当に緊張したんですけど、ギリギリ届いてうれしいです」と笑顔。自らの投球を「100点です」と採点した。

 自身初の始球式で「父が野球が大好きなので、始球式は夢の1つでした」という目標にしていたマウンド。見事な投球を決めて「すごくうれしいです」と、歓喜の言葉を何度も繰り返していた。

最終更新:9月1日(木)19時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。