ここから本文です

「さよならソルシエ」五感を刺激する音楽朗読劇に!諏訪部順一、浜田賢二ら出演

コミックナタリー 9月1日(木)19時56分配信

穂積「さよならソルシエ」を原作とした音楽朗読劇「SOUND THEATRE×さよならソルシエ」が、12月3日と4日の2日間、千葉県・市川市文化会館にて上演される。

「SOUND THEATRE」は朗読はもちろん、舞台美術や照明、特殊効果、衣裳などにまでこだわり、観客の五感を刺激する“新感覚・音楽朗読劇”。朗読を行うのはテオドルス・ファン・ゴッホ役の諏訪部順一、フィンセント・ファン・ゴッホ役の浜田賢二、ジャン・サントロ役の三木眞一郎に決定した。舞台上で行われる生演奏によって音楽と朗読が絡みあい、キャラクターの感情がより鮮やかに表現される。オフィシャル先行受付は本日9月1日18時より、11日23時まで実施。チケットは全席指定にて、7800円で販売される。

「さよならソルシエ」は、天才画家として知られるフィンセント・ファン・ゴッホと、画商として生きた実弟・テオドルスの関係を描いた伝記作品。月刊flowers(小学館)にて2012年10月号から2013年10月号まで連載され、「このマンガがすごい!2014」ではオンナ編1位を受賞した。また今年3月には、同作を原作としたミュージカルが上演されている。

SOUND THEATRE×さよならソルシエ
日時:2016年12月3日(土)18:00~、4日(日)15:00~
会場:市川市文化会館 大ホール
住所:千葉県市川市大和田1-1-5
料金:7800円

スタッフ
演奏:土屋雄作(Violin)、栗林すみれ(Piano)、土村和史(W.Bass)
ライブペイント:さとうたけし
原作:穂積
脚本:三浦香
脚色・演出:平光琢也
音楽監督:土屋雄作

出演
テオドルス・ファン・ゴッホ:諏訪部順一
フィンセント・ファン・ゴッホ:浜田賢二
ジャン・サントロ:三木眞一郎

(c)穂積/小学館フラワーコミックスα

最終更新:9月1日(木)19時56分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。