ここから本文です

ハリル日本痛恨黒星発進 “中東の笛”も…ファウル2回で2失点

デイリースポーツ 9月1日(木)21時29分配信

 「W杯アジア最終予選、日本1-2UAE」(1日、埼玉スタジアム2002)

 6大会連続の本大会出場を目指すサッカー日本代表がホームで痛恨の黒星スタートとなった。

 日本は前半11分、MF本田のヘディングシュートで幸先良く先制するが、同20分にDF吉田が与えたファウルからUAEのFWハリルにFKを直接決められて同点に。後半9分、MF大島が与えたPKをまたもハリルに決められて勝ち越しを許した。

 ホームの埼玉スタジアムにも関わらず、カタールのアブドゥルラフマン・アルジャシム主審による“中東の笛”にも泣いた。2失点はいずれもファウルを取られたことによるもの。1点を追う後半32分には右からのクロスを本田が頭で落としたところを、FW浅野が左足シュート。相手GKがかき出したかに見えたが、中継局によるリプレイ映像ではボールは完全にゴールを割っていた。それでも主審の判定はノーゴール。日本の猛アピールも実らず、判定が覆ることはなかった。

 1998年フランス大会以降の5大会でアジア最終予選の初戦を落としたチームは出場権を獲得した例がなく、ホームでの黒星発進となった日本は厳しい状況に追い込まれた。

最終更新:9月1日(木)21時48分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。