ここから本文です

日本ハム・増井がプロ初完封勝利 チームの連敗3で止める

デイリースポーツ 9月1日(木)21時31分配信

 「日本ハム8-0楽天」(1日、東京ドーム)

 日本ハムが連敗を3で止めた。先発の増井は、8安打を浴びながらも要所を締め、今季6勝目(3敗)をプロ初の完封で飾った。

 増井はプロ7年目の今季、8月から先発に転向。5試合目の先発で自身3連勝。8月25日のロッテ戦で完投勝利を挙げたのに続いて、完封勝利を成し遂げた。

 打線は五回、近藤の右前適時打で先制すると、なおも2死一、三塁から中田が左翼席へ21号3ランを放ち、この回4点を奪った。六回にはレアードの31号ソロ、七回には中田の2打席連続22号ソロで突き放し、八回にも2点を加えた。

 プロ初完封の増井は、お立ち台でOBの岩本勉氏のインタビューを受けた。「本当にきょうは野手の皆さんがよく守ってくれました」と振り返った。リリーフ投手を休ませようという意識はあったのか、という質問には「早くリリーバーの力を借りたかったですけど、最後までいけてよかったです」と答えて、ファンの笑いを誘った。

 中田は5月29日の楽天戦以来、今季2度目となる1試合2本塁打。最近5試合で5本塁打。95打点はリーグトップだ。「打点に関してもチームメートが走り回ってくれて、ホームにかえってくれるので、感謝したいなと思います」と話した。

 楽天の連勝は2で止まった。

最終更新:9月1日(木)22時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。