ここから本文です

田嶋会長、日本不利な判定でAFC抗議明言「覆るというよりは…」

デイリースポーツ 9月1日(木)22時3分配信

 「W杯アジア最終予選、日本1-2UAE」(1日、埼玉スタジアム2002)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、この試合の判定をめぐりAFC(アジアサッカー連盟)に抗議すると表明した。

 日本が1点を追う後半32分、FW浅野のシュートが相手GKの手をはじいてゴールラインを割ったかに見えたが、判定はノーゴール。リプレイ映像でもゴールであるように映し出されていたため、選手もサポーターもいらだちを隠せなかった。これ以外にもハリルホジッチ監督が主審に抗議するなど、日本にとって不利な判定が多々あった。この試合は、アブドゥルラフマン・アルジャシム主審らカタールの審判団が務めていた。

 田嶋会長は試合後、取材を受け「残念な結果です。はっきり言っておかしな判定もあった」と発言。「覆るというよりはレフェリーに何かが与えられるのかもしれないですが。しっかり抗議していく」と抗議する意向を示した。

最終更新:9月1日(木)23時40分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報