ここから本文です

小林麻耶 コメントに感謝「涙がたくさん出ました」

デイリースポーツ 9月1日(木)22時20分配信

 体調不良を理由に休養中のフリーアナウンサー・小林麻耶(37)が1日、妹でフリーアナの小林麻央(34)がブログを開設したのに合わせ、約3カ月半ぶりにブログを再開した。ブログには多数のコメントが届き、麻耶は「胸がいっぱいになりました。涙がたくさん出ました」と伝えた。

 この日2度目の更新となったブログで、麻耶は「たくさんのいいね たくさんのコメント たくさんの読者登録ありがとうございます」と記し、「コメントを読ませていただき、胸がいっぱいになりました。涙がたくさん出ました。」とコメントを読みながら涙が出たことを明かした。

 麻耶は5月19日、フジテレビ系「バイキング」の生放送中に体調不良で救急搬送され、そのまま休養している。

 ブログでは「生放送中に倒れてご迷惑をおかけしてしまうまで働き続けてしまったのに、未だに仕事ができない状態なのに、ブログの再開をこんなにもあたたかく迎えてくださり本当に本当にありがとうございます」と感謝。「不安で眠れない日もありますが、今夜は優しい気持ちで眠れそうです」と不安で眠れない日もあることを明かしていた。

 市川海老蔵も同日夜、義姉・麻耶のブログ再開に「少し元気になってきたようで、ホッ」とした心境をつづり、「私が言う事ではありませんが、妹思いの素敵な素敵なお姉さんです 宜しくお願い申し上げます」と姉妹の絆を伝え、「あたたかく見守って」ほしい、と記していた。

 3カ月半ぶりとなったこの日1度目のブログでは「この度は、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。休養せざるをえなくなるまで自分を追い込んでしまったこと、そのせいで番組にご迷惑をおかけしてしまったこと、とても反省しています」と「自分を追い込んでしまった」と自ら明かしている。

最終更新:9月1日(木)22時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。