ここから本文です

ハリル監督“誰が主審”伝わらず日本協会にも不満 中東のカタール審判団

デイリースポーツ 9月1日(木)22時50分配信

 「W杯アジア最終予選、日本1-2UAE」(1日、埼玉スタジアム2002)

 初戦を落としたサッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、後半32分に途中出場した浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートがゴールと認められなかったことについて「このようなジャッジでちょっと残念ですが、普通はラインを超えたらゴールだと思う。これは審判に聞いてみて下さい」と、主審への皮肉を漏らした。

 浅野が放ったシュートはGKをはじきながらゴールとなったかに見えたが、カタール出身のアルジャシム主審は認めず。浅野、本田ら複数の選手が猛アピールしたが、判定は覆らなかった。

 「入ったのではないかと思うが、受け入れてくれなかった。ラインをしっかり超えたように見えましたけども、このような判断になってしまった」と振り返った指揮官だったが、そのこと以上に、日本協会側の準備不足もあったのではないかと指摘した。「我々の関係者も直前まで誰が吹くのか分かっていない体たらく。知っていてほしかった」とUAEと同じ中東のカタール出身の審判団となることを把握していなかったことを悔やんだ。

最終更新:9月1日(木)23時2分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。