ここから本文です

FlowBackが“没入型ミュージックビデオ”発表

スポーツ報知 9月1日(木)15時34分配信

 5人組ダンス&ボーカルグループ「FlowBack」の7日発売のメジャーデビューシングル「Come A Long Way」のミュージックビデオ(MV)が1日、公開された。

 メンバーのTATSUKIの視点で、スマートフォンを落とした女性を実際に歩きながら追いかけていくと、失恋を追体験できるというMV。スマホのパノラマ動画機能、振動感知機能を使った“没入型MV”になっている。

 特設サイトでは、歩かなくても見られるYouTube版のMVも同時公開。歩きスマホについて、メンバーからの注意喚起のコメント映像も発信している。

 アイドルグループ「lyrical school」の「RUN and RUN」のMVを制作した隈本遼平監督がメガホン。「縦型の映像をパノラマ視点にすることで、視聴体験に自由度を持たせました。スマホのスクリーンが持つプライベート感が表現でき、映像の世界観に、ダイジェスティブに没入できるのではないか、と考えました」とコメントしている。

【関連記事】

最終更新:9月1日(木)15時34分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。