ここから本文です

広島、今季9度目サヨナラ勝ちでM9も緒方監督「野球の怖さを知った」

デイリースポーツ 9月1日(木)23時42分配信

「広島6-5DeNA」(1日、マツダスタジアム)

 「逆転の広島」がDeNAとの乱戦を制し、今季9度目のサヨナラ勝ちで3連勝、優勝マジックをついに1桁の「9」とした。これで球団新となるシーズン76勝、貯金は1984年以来32年ぶりの30に到達した。同時にDeNA相手のシーズン勝ち越しも決めた。

 四回、1死から鈴木の23号ソロで先制。1-5となった直後の五回には、菊池の13号ソロ、鈴木の適時打、エルドレッドの19号2ラン同点に追い付いた。さらに延長十回、1死から安部が、相手捕手の打撃妨害で出塁。田中の右翼線二塁打で二、三塁とした。DeNAは菊池を歩かせ、満塁策を敷いたが次は丸。カウント2-2から田中の5球目、真ん中の直球をはじき返すと、打球は遊撃頭上をライナーで越えた。

 劇的な戦いで今季40度目の逆転勝利。緒方監督は「それもこれも今年の戦い方。後半に打線にしても、投手にしても相手の流れを止めるというか、最後まで諦めない。今年の勝ち方、戦い方になっていると思う」と、無失点でつないだ岡田、大瀬良、中崎と中継ぎ陣を称賛。得点源となっている田中、菊池、丸の上位打線にも「1、2、3番が完全に打線を引っ張ってくれている。1人1人、シーズンを通して力をつけれている。毎試合、力を発揮してくれているのは、頼もしい」と賛辞を惜しまなかった。

 ただ指揮官は、同時に5点を奪われた五回を反省。2死から失策も絡んだ失点に「野球の怖さを知った。野手も投手も感じたと思う。ゲームを決めかねないところで、締めていかないといけない。締めるところは締めてね」と続けた。シーズンは残り19試合。勝ってかぶとの緒を締めた。

 2日からは場所を東京に移して、4位ヤクルトと3連戦に挑む。本拠地に詰め掛けた3万1406人の大観衆に、緒方監督は「きょうも最後の最後まで誰一人帰ることなく、声援を送っていただいたので。ファンの声援に感謝したい」と頭を下げた。25年ぶりの優勝は目前。チームの、ファンの思いを胸に、一気に頂点まで駆ける。

最終更新:9月1日(木)23時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]