ここから本文です

広島、サヨナラ勝ちでM9も4失点の九里は反省「申し訳ないです」

デイリースポーツ 9月2日(金)0時2分配信

 「広島6-5DeNA」(1日、マツダスタジアム)

 広島が延長十回、丸の中前適時打でサヨナラ勝ちした。最大4点差を引っ繰り返して、優勝へのマジックは1桁の9とした。しかし先発の九里亜蓮投手(25)は、4回2/3を投げ5安打4失点(自責点1)で、反省の言葉を口にした。

 毎回走者を出しながら何とか踏ん張ってきたが、先制してもらった直後の五回に崩れた。2死走者なしから筒香と対し、右翼席に推定130メートルの特大38号ソロを浴びた。さらに遊撃・田中の失策後、梶谷にはこの日4つ目の四球。続く倉本に右前適時打を浴びて勝ち越しを許した。ここで交代を告げられたが、代わった一岡が3連打を浴びてこの回、計5失点となった。

 九里は「試合をつくることだけを考えて投げました。5回持たずチームにも中継ぎの投手にも迷惑を掛けてしまい、申し訳ないです。四回までは悪いなりに粘れましたが、五回の2死から筒香の本塁打と、その後、投げ切ることができず粘れなかったことが反省です」と振り返った。この日が25歳の誕生日だったが、自らの勝ち星で祝うことができなかった。

 畝投手コーチは今後の起用について「状態は前回よりも良くなっていた。(先発投手陣を)少し入れ替えて、次は中継ぎで考えている」と説明。配置転換し、ローテ再編を決めた。8月31日の同戦で首痛を訴えた福井に代わって、緊急的な先発で6回無失点と好投した薮田が、今後は先発に回る見込みだ。

最終更新:9月2日(金)1時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]