ここから本文です

【G大阪】ボイン高校のペ・スンヨンと市船橋高のMF高を獲得

スポーツ報知 9月1日(木)17時30分配信

 G大阪は1日、来季の新加入選手として市立船橋高のMF高宇洋(こう・たかひろ、18)と、韓国・ボイン高校の韓国人DFペ・スンヨン(18)のふたりと仮契約を結んだことを発表した。高の父は元中国代表MFで、かつて富士通サッカー部などでプレー市、現在は中国リーグの遼寧足蹴倶楽部で指揮を執る高升氏。戦術理解度の高く、攻守におけるゲームコントロールを得意とする技巧はMFの高は「両親や今までのサッカー人生で関わったすべての人に感謝し、より一層成長し、活躍することで恩返しをしていきたい」とクラブを通じて語った。

 また188センチの高さを誇り、フィジカルの強さが武器のペは「日本最高のクラブ、ガンバ大阪で一生懸命練習を行い、優勝できるように取り組んでいきたいと思います」と語った。

最終更新:9月1日(木)18時25分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]