ここから本文です

開局65周年の毎日放送が「民間放送誕生の地」プレート設置…阪急うめだ本店に

スポーツ報知 9月1日(木)18時23分配信

 毎日放送(大阪市)は開局65周年を迎えた1日、大阪・梅田の阪急うめだ本店に「民間放送誕生の地」プレートを設置した。

 1951年のこの日、前身の「新日本放送」が日本初の民間ラジオ放送を同所から行った。それを記念し、13階の屋上広場に「日本の民間放送はここから始まりました」と記されたプレートが設置された。

 設置式典には、昨年入社した玉巻映美(23)、藤林温子(23)両アナウンサーが出席。藤林アナが「ここから民間放送が始まって、65年間、途絶えることなく続いてきた。私たちもその歴史の一部になっていけたら」と襟を正せば、玉巻アナも「最初の民間放送の会社ということで、毎日放送が大事にしているのはパイオニア精神。私も新しい道を切り開けるように頑張っていきたい」と決意を新たにした様子だった。

最終更新:9月1日(木)18時59分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。