ここから本文です

【将棋】里見女流名人が再び女流五冠に挑戦、3期ぶりの女流王座復位を目指す

スポーツ報知 9月1日(木)19時24分配信

 将棋の里見香奈女流名人(24)=女流王位、女流王将、倉敷藤花、奨励会三段=が1日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第6期リコー杯女流王座戦挑戦者決定戦で西山朋佳奨励会三段(21)に勝ち、加藤桃子女流王座(21)=女王、奨励会初段=への挑戦権を獲得した。

 10月26日に広島市で開幕する五番勝負で3期ぶりの復位を目指す里見は「将棋に対して一生懸命向き合って戦いたいです」と抱負。タイトルを奪取すれば、3年前に史上初めて達成した女流五冠に復帰する。「(体調不良による)休場をする前だった3年前の方が頑張っていたと思います。でも、将棋が好きということは変わらないので、そのことを忘れずに戦いたいです」。

 迎え撃つ加藤は3連覇と通算5期獲得による永世称号「クイーン女流王座」を懸けてのシリーズになる。「里見さんは私の理想の将棋を指される方。厳しい戦いになると思いますが、3年前はタイトルを奪われたので、今回は守りたいです」と語っていた。

最終更新:9月1日(木)19時24分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。