ここから本文です

川口春奈、初共演の林遣都は「優しいお兄さんだった」

スポーツ報知 9月1日(木)20時13分配信

 女優の川口春奈(21)が1日、都内で主演映画「にがくてあまい」(10日公開、草野翔吾監督)の完成披露試写会に、林遣都(25)らと出席した。

 男運が無く、料理も掃除もできない独身OL(川口)と、ゲイのイケメン男子(林)の同居生活を描くラブコメディー。仕事に打ち込みすぎるあまり、私生活が乱れまくるキャリアウーマン役の川口は「サバサバしてる女性で、節々に共感できた」。

 初共演となった林の印象を「あまりしゃべる人じゃないけど、すごく熱い人。優しいお兄さんだった」、林は「かわいらしいけど、落ち着いてて大人っぽい。無言でいられる居心地の良さをがあった」と息ピッタリだった。

 また、ゲイバーのマスターを演じたRIP SLYMEのSU(42)は「普段から(新宿)2丁目はよく行く。今日もこの後、行こうかな」とニヤリ。先日、役作りを兼ねて林と一緒に2丁目を訪れたといい「遣都くんはバカみたいにモテてた」と明かした。

最終更新:9月1日(木)20時13分

スポーツ報知