ここから本文です

小林麻央、ブログの反響「感動しています」2度目の更新で励ましに感謝

スポーツ報知 9月1日(木)21時36分配信

 乳がんの治療を受けている歌舞伎俳優・市川海老蔵(38)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(34)が1日夜、この日スタートしたブログを更新、3000件を超えるコメントに「本当にありがとうございます」と、感謝の気持ちをつづった。

 1日の正午過ぎに新ブログ「KOKORO.」の開設を報告した麻央。1回目には「なりたい自分になる」と題し、「『癌の陰に隠れないで』という医師の言葉に心を動かされ、ブログの開始を決意した」ことなどを報告していた。

 この日、2回目の更新では「本当にありがとうございます。こんなにたくさんの方が読んで下さり、驚いています。顔はみえなくても言葉の中に、優しさを感じ、愛を感じ、人生を感じ、感動しています。。。」と、多くの反響への驚き感謝の気持ちを記した。

 1回目のブログには午後9時過ぎで13万件超える「いいね!」が、コメント欄には「ずっと応援してます」「勇気に心を打たれました」などの励ましの言葉に加え、同じように病気と闘っているファンから「たまには弱音もはきますが、笑顔で一緒に乗り越えていきましょうね」などの声が寄せられ、その数も3200件を超えた。

 麻央は「私はまだ、病気が教えてくれた、病気になってよかったと言えるような境地まで辿り着いていません。できるならば、なりたくなかった。でも、人の優しさに救われたり、誰かの苦しさを心から理解できるとき、病気の自分もまるごと愛せる瞬間があります」と素直な気持ちをつづり、「人と人。今日は、たくさんの皆様と繋がれて、勇気づけられました。うれしいです。ありがとうございます」と結んだ。

最終更新:9月2日(金)2時47分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。