ここから本文です

橋田壽賀子さん、注目されている家庭問題に「亭主も子供もいなくて良かった」

スポーツ報知 9月2日(金)6時6分配信

 脚本家の橋田壽賀子さん(91)が1日、都内で1年半ぶりに復活するTBS系スペシャルドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(18、19日2夜連続・後9時)の取材会に石井ふく子プロデューサー(90)との181歳コンビで出席した。

 家庭にありがちな問題を描き、放送27年目を迎えた長寿ドラマ。女優・高畑淳子(61)の息子が逮捕されるなど、家族の問題が注目されているが、橋田さんは「亭主も子供もいなくて良かった。熱海の山奥に住んでますが、一人でドラマの再放送をぼーっと見ているのが楽しい」と語った。

最終更新:9月2日(金)8時36分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。