ここから本文です

中島マサオが3位の好発進「外したくない距離がしっかり入っている」…父は中嶋常幸

スポーツ報知 9月2日(金)6時6分配信

◆男子プロゴルフツアー フジサンケイ・クラシック第1日(1日、山梨・富士桜CC、7524ヤード=パー71)

 2009、10年大会覇者の石川遼(24)=カシオ=が5バーディー、2ボギーの68で回り首位と2打差の3アンダー2位につけ、前週のRIZAP・KBCオーガスタに続く自身初の2週連続優勝へ好発進した。ツアー1勝の韓国の趙ミン珪(28)=フリー=が5アンダーで単独首位。3打差の3位に、ツアー48勝の中嶋常幸(61)=フリー=を父に持つ中島マサオ(36)=トミーカンパニー=、石川と同組で回る昨年大会優勝の韓国の金庚泰(30)=新韓銀行=ら5人が並んだ。

 中島は3バーディー、1ボギーの2アンダーの3位と好発進。「8番はティーショットが深いラフに行って、第2打がバンカーに入って」とピンチの連続だったが、「シビアなパットを決められている。外したくない距離がしっかり入っている」とグリーンを読み切って上位をキープした。シードもなく、今季レギュラーツアーはまだ3戦目。今後のスケジュールも未確定だが、「空いた時間はトレーニングと打ち込みをしている」と永久シード選手の偉大な父の背中を追う。

最終更新:9月2日(金)9時27分

スポーツ報知