ここから本文です

イチローが“メジャー現役最年長対決”43歳のコローンから安打

スポーツ報知 9月2日(金)6時5分配信

◆メッツ5―2マーリンズ(31日・ニューヨーク)

 マーリンズのイチロー外野手(42)が31日(日本時間9月1日)、敵地でのメッツ戦に「6番・右翼」で出場。4打数1安打だった。野手と投手の“メジャー現役最年長対決”が実現した。43歳のコローンから2回に右前打を放った。レギュラーシーズンでは通算230勝の右腕から30本目(地区シリーズで別に5本)の安打。その後、先制のホームを踏んだ。

 守っては5回、グランダーソンの大飛球を中堅フェンス際で好捕。右翼で先発したが、中堅手オズナがダイビングキャッチをした際に左手首を負傷、4回から中堅に回った。「しばらく(中堅を)やっていなかった。感覚がそもそもなかった」という状況で「ここは風が吹く。簡単なフライはない」と、シティ・フィールドの特性を把握し、球際の強さを発揮した。

 ベテランの奮闘にもかかわらず、チームは救援陣が踏ん張れずに5連敗となった。

最終更新:9月2日(金)12時1分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。