ここから本文です

『ドクターX』“失敗しない新布陣”発表 生瀬、吉田、滝藤、草刈が出演

オリコン 9月1日(木)5時0分配信

 女優の米倉涼子が主演する人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第4弾が10月より放送される(毎週木曜 後9:00)。米倉演じる主人公・大門未知子の名せりふ「私、失敗しないので」のごとく、“失敗”知らずの同シリーズに新たに参戦するレギュラーキャストが明らかになった。

新レギュラー4人の役衣装写真を公開

 第4シリーズでは未知子の天敵ともいえる蛭間重勝(西田敏行)率いる日本の最高峰「東帝大学病院」を舞台に、「病院の格付け」に躍起になり、医療の本質を見失った“白い巨塔”に、鋭いメスを入れる。

 第3シリーズ終了から2年ぶりに放送された初のスペシャルドラマ(7月3日放送)で、生瀬勝久が演じた「クロス医療センター」内科部長・黄川田高之が、東帝大学病院の内科部長となって再登場。「御意」軍団を形成し、東帝大学病院の新病院長となった蛭間重勝(西田敏行)に対して分かりやすい腰巾着ぶりを発揮しながら、未知子と再び火花を散らす。

 さらに、女好きで世渡り上手な東帝大学病院外科部長・西園寺猛司役で吉田鋼太郎、未知子とともに東帝大学病院に呼ばれたスーパードクター・北野亨役で滝藤賢一、ブランディングのプロとして名を馳せる東帝大学病院の広報部長・南幾子役で草刈民代が初参戦する。

 米倉、西田に加え、内田有紀(フリーランスの麻酔科医・城之内博美)、岸部一徳(大門未知子が所属する「神原名医紹介所」の所長・神原晶)、勝村政信(東帝大学病院」の外科医・准教授の加地秀樹)ら、鉄板のレギュラーキャストたちと、どのような化学反応を起こすのか、楽しみだ。

 米倉は「皆さんと台本の読み合わせをさせていただいたのですが、私がいなくても『ドクターX』が成り立つんじゃないかというくらい(笑)、面白くて! とにかく皆さん、濃い方ばかりなんですよ。特に、今回は医局の中の駆け引きが面白くなりそうな予感でいっぱいです」と、撮影が待ちきれない様子。

 生瀬とは「徐々に距離感を縮めながら、お芝居を丁寧に作っていければ」。吉田とは「シリーズ初のセクシーライン! 未知子としては動じずに対応しなければいけないので、撮影に向けて作戦を練ろうと思います」。滝藤に対しては「全身に色気が漂っていて、ビックリしました!」とコメント。草刈とは「昔、30人くらいの選抜クラスで彼女にバレエを教えていただいたことがあるんです。レベルは全然違いますが、バレエの世界特有の強さを持った者同士、撮影を通して仲良くなれれば」と話している。

最終更新:9月1日(木)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。